国際ロータリー第2560地区

新潟東ロータリークラブ

クラブ運営方針

会長メッセージ

新潟東ロータリークラブ年度
「クラブ会長方針及び目標」  
"基本に学び、がんばろう他利"
2016-2017年度
新潟東ロータリクラブ会長
石川 昇

基本に学び、がんばろう他利

RI会長、ジョンFジャーム氏の年度テーマは「人類に奉仕するロータリー」であり、初期からの理念の礎と述べられ、第2560地区ガバナー田中政春年度の地区テーマ「基本を学び地域と共に」を掲げております。新潟東ロータリークラブでは、RIそして地区のテーマを理解に務め、ロータリーの基本である「親睦」と「奉仕」をベースに、超我の奉仕で表現される人道的奉仕理念の「他人の事を思い遣り、他人の為に尽くす」の実践、そして地域社会に貢献し、記念すべきロータリー財団の100周年に当るこの年度は、意志に沿う行動が責務と考えております。クラブのテーマは「基本に学び、がんばろう他利」とし、がんばるとは「我を張る」が語源と言われますが、私は「 がんを張る」という、目配り、心配りとし、頑固、頑健などの熟語に見られるような意味ではなく、親睦など肩は張らず、 なごみのクラブ運営を図り、相手の立場になって考える「他利」の実践がロータリーの心と考えています。
 新潟東ロータリークラブの良き伝統に合った奉仕を図り、基本に忠実(四つのテスト)に背伸びしない運営を心掛けて行きたいと思います。さまざまな職業や専門知識を持ったメンバー、そして理事、役員の提案に耳を傾け、活動するのが要と考えております。私と幹事も努力して努めますが、会員皆様のご協力をお願い致します。

今年度のクラブ重点目標

  • ロータリーの基本に沿ったクラブ運営
  • ロータリー財団100周年活動の一環として事業推進
  • 理事、委員長の企画、事業、意見の尊重と支援
  • 心と体の健康を重視した、親睦と奉仕
  • 有意義な例会の開催で出席率の向上を目指す
  • 会員相互の協調と親睦のさらなる充実

PAGE TOP